吃音症(どもり)

語音が反復されたり、詰まったりするなどの特徴があります。慢性化すると治すのが難しくなるので、早期の治療が望ましい。圧倒的に男の子に多い障害のようです。あまり「吃音」を嫌うと「対人障害」等の「神経症」に発展するので注意が必要。